様々なうつ病の改善方法|症状を正しく理解することが重要

微笑む男性

長期に気分が優れない場合

座り込む男性

気分の落ち込み、やる気が出ないなどの症状は誰にもあるものですが、長期に続いている場合はうつ病になっている可能性もあります。ストレス解消やリラクゼーションなども良い改善が得られることもありますが、症状がつらい場合は医療機関での治療も考えてみましょう。

View Detail

全くやる気が起きない時

相談

うつの症状には様々なものが挙げられますが、最大のものは意欲低下と幸福感の喪失です。睡眠障害やホルモン異常といった身体的症状が先に現れる人もいます。うつの原因の一つは脳内の伝達物質の量低下や働き自体の低下で、最近ではSSRIといった良いお薬が出てきています。

View Detail

病気を知り一人で悩まない

看護師

落ち込みが長引くのとうつ病は同じではありません。心身の不快な症状が日常生活に支障をきたすほどになるとうつ病の疑いが出ます。気になる事はメモして病院に行きましょう。診断後治療が開始されます。薬と共に休む事が重要です。気持ちの切りかえも大事です。うつ病は誰でもなり得ると理解すれば一人で悩まずに済みます。

View Detail

内容を把握することが大事

微笑む女性

うつの症状はたくさんあるので、代表的なものだけでも把握しておくといいかもしれません。気付くことがあれば、すぐにでも専門医に診てもらうことをお勧めします。他の病気を間違われてしまうこともあるため、注意が必要です。

View Detail

治療に向けて

女性

光の重要性

うつ病になることで睡眠障害となったり緊張感が張って寝つきが悪くなったりすることがあります。そうなることで朝の目覚めが悪くなることもあり、日が暮れるときに目がさめる人もいます。もしうつ病の治療を行なっている人は、日の光を浴びることが良いといわれています。日の光を浴びることで脳内でセロトニンの分泌を良くしてくれる効果があり、症状を緩和してくれるといわれています。うつ病を治療するために処方される薬でもセロトニンを脳内に分泌させるためにものが多く、セロトニンは治療には必要とされる成分でもあるのです。うつ病になっている人の多くは積極性を失っているため、朝起こそうとしてもなかなか起きてくれないことがあるかもしれません。そのようなときでも本人も周囲もあせってはいけません。そのような人のために最近では、太陽の光を出すことができる照明が販売されてくるようになっており、場所によっては店で販売されていたりもしますがインターネットのオンラインショッピングでも販売されています。その光を浴びることで脳内にセロトニンの分泌の手助けをしてくれるようになり、治療に向けて進めていくことができるようになります。ただあくまでも対応策として使用し、きちんとした治療は心療内科や精神科などの医療機関に行って治療すべきです。

人によって違う辛さの状態

うつ病の症状はいろいろとあり、睡眠障害のほかにも不安や落ち込み、ひどい人の場合は幻覚や幻聴が現れたりするなど、とにかく悪い方向へ自分自身を追い詰めてしまうことが多いです。最悪の場合自殺にまで追い込んでしまう人もいます。うつ病だと周囲が気づいても、もしうつ病になってしまった人が逃避型のうつ症状を出しているとなかなか病院にも行こうとしてくれないこともあります。逃避型は人と会うのを避けたがり、外に出るのも億劫に感じてモチベーションも下がり自信喪失となってしまっていることがあるので、病院に行くのを嫌がってしまうケースがあります。ほかには退却神経症というものがあり、その症状は気力が落ちたりやる気が出てこなくなったり、何もかもに無気力無関心で欲すらなくなってしまうものです。どちらも本人も周囲も辛い症状と感じられるものですが、そのような場合でもセロトニンが不足している可能性もあったりします。なかなか病院へ行きたがらない場合は、まず家族など周りの人が病院を訪れてみましょう。いまはその患者本人を連れてくる前に、家族のみで受診するというケースも増えてきています。もし家族のみで行くときには、日頃の症状などを伝えて、どう対応したらいいのかなどを相談しましょう。ですが患者本人とのカウンセリングなどをしないと本格的な治療へは進めないので、後からきちんと連れていって検査や治療にあたっていきましょう。